• 2022/01/24
    【大阪事務所】業務時間等変更のお知らせ
  • 2022/01/21
    【旅行業関係者向け】タイランドアップデート・ウェビナー
  • 2022/01/20
    【オンライン】2/11(金・祝)17:00~催行決定 HIS「タイ在住ドラママニアYuiさんと沼落ち聖地巡礼オンラインツアー」
  • 2022/01/20
    タイ国政府観光庁 福岡事務所 マーケティングオフィサー職募集のお知らせ
  • 2022/01/19
    【東京】1/5(水)~5/22(日)半蔵門ミュージアムにて開催『アジアの聖地』井津建郎 プラチナ・プリント写真展
  • 2022/01/17
    【参加募集】1/22(土)開催 オンラインイベント「タイチャンネル第6弾~エスティーワールド」

ハーラー・バーラー野生動物保護区

Hala-Bala Wildlife Sanctuary
ハーラー・バーラー野生動物保護区
  • ハーラー・バーラー野生動物保護区
  • ハーラー・バーラー野生動物保護区
  • ハーラー・バーラー野生動物保護区
  • ハーラー・バーラー野生動物保護区
  • ハーラー・バーラー野生動物保護区
  • ハーラー・バーラー野生動物保護区
  • ハーラー・バーラー野生動物保護区
  • ハーラー・バーラー野生動物保護区
  • ハーラー・バーラー野生動物保護区

ヤラー県のハーラー森林とナラーティワート県のバーラー森林からなる広大かつタイ最南の熱帯雨林で、1996年に正式に指定されたタイの野生動物保護区の1つ。面積は約433,160km²(270,725ライ)で、サンカラキリ山(San Kala Khiri Mountain)を含みます。どちらもマレー半島ならではの珍しい野鳥をはじめ、野生動物が数多く生息していますが、観光客に公開されているのは後者のバーラー森林のみ。こちらには、のど袋をふくらませて大きな声を出し仲間に自分の居場所を知らせる習性をもつとされるクロテナガザル(Siamang)をはじめ、アカフサゴシキドリ(Fire-tufted Barbet)、ゴシキドリ(Black-browed Barbet)、大きなくちばしが特徴的な10種類のサイチョウなど、ほかではなかなかその姿をみることができない珍しい野鳥たちが数多く生息しています。ベストシーズンは2~9月。ここを訪れるには、保護区を管轄する保護森林局による事前の許可が必要です。

森の奥深くに静かに座り、心をとぎ澄ませて自然の音に耳を傾けることで、心に平安が訪れ、集中力が高まります。森の奥深くでは不安から解放され、心をリフレッシュすることができます。日本の千葉大学の研究によると、神経系がより機能し、ストレスホルモンの減少や心拍数と血圧の低下も見られると報告されています。30分だけでも森の中に身を置くだけで、心身によい効果をもたらす自然の力を感じられるパワースポットです。

基本情報

名称 ハーラー・バーラー野生動物保護区
名称(英) Hala-Bala Wildlife Sanctuary
期間 ベストシーズンは2~9月で、4~5月はサイチョウが子育てをする時期です。
住所 Phukhao Thong Sukhirin Narathiwat 96190
アクセス バンコクからナラーティワート県スンガイコーロクへは、南バスターミナルから路線バス、フアランポーン駅から鉄道が毎日運行。スンガイコーロクからはソンテウをチャーターして、保護区へ。
電話 保護森林局:02-562-0760
備考 ※ このエリアへの渡航の際は、事前に日本外務省による渡航情報を必ずご確認ください。
地図Googleマップで確認する
キーワード
ハーラー・バーラー ハーラーバーラー ハラバラ 野生動物保護区

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画