サンカローク窯跡・研究・保存センターNo42

Centre for Study and Preservation of Sangkhalok Kilns (Tao Thuriang) No. 42
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

シーサッチャナーライ歴史公園北西約1.5キロメートルの一帯は、「コ・ノーイ村」と呼ばれ、サンカローク焼きの窯跡が200件以上点在しています。スコータイ王朝時代にはこのあたりを中心に生産されたサンカローク焼が、日本をはじめ、インドネシア、フィリピンなどに輸出されていました。その窯跡のひとつの42番窯が白い建物内に保存・展示されているもの。レンガや砂混じりの土を素材につくられていますが、900度までしか温度があがらず、主にレンガや釉をつかわない器などを生産したのではないかと思われます。また、洪水などで失われるたびにつくり直されるといったことがなされていたため、同じ場所に19の窯が重なっていることもわかっています。

基本情報

名称 サンカローク窯跡・研究・保存センターNo42
名称(英) Centre for Study and Preservation of Sangkhalok Kilns (Tao Thuriang) No. 42
営業時間 9時から12時/13時から16時半
料金 20バーツ(30日有効でスコータイ歴史公園内、ワット・シーチュム、ワット・サパーンヒン、ラームカムヘーン国立博物館、シーサッチャナーライ歴史公園、サワンウォラナヨック博物館を見学できる150バーツのパスがおすすめ)
住所 Si Satchanalai, Sukhothai 64130
アクセス シーサッチャナーライ歴史公園の北西部約1.5キロメートル
地図Googleマップで確認する

キーワード

特集:とっておきのタイ情報

タイにある教会やモスク、中国寺院を巡って異文化体験をしようタイの多様性を感じるお寺巡り旅
バンコクからアクセスしやすいビーチリゾートビーチへ行こう!前編 〜バンコクから簡単に行けるビーチ〜
今年の様子と魅力をお届け!水かけEDMフェス「WATERZONIC」レポート
新市街の注目スポットから、象と触れ合える山岳地帯まで欲張りに遊び尽くす旅上手な女子のための3泊5日のモデルプラン〜チェンマイ編〜

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す