UNESCOの世界文化遺産、スコータイ

Sukhothai

タイ北部の南端に広がるかつての首都スコータイ。「幸福の夜明け」という名が示す通り、タイ初の独立王朝として華麗な時代が刻まれた、いにしえの栄華のおもかげに浸ることができる街です。スコータイ歴史公園に残る遺跡群は、東南アジアで最も価値のある史跡の一つに数えられ、1991年にはユネスコの世界遺産に登録されました。