オクロンサメットガーム・マンゴー

Okrong Samed Nhgam Mango
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail

オクロンサメットガーム品種のマンゴーは、タイ東部のチャンタブリー県を中心とした地域がその産地として有名です。

オクロンサメットガーム・マンゴーを栽培している農家は66世帯、栽培面積は256ライ(約409600.000㎡) で合計5,112本のマンゴーの木を育てています。バーン・サメットガームは汽水に囲まれた島であるため、そうした環境で栽培されたマンゴーの果肉は、独特の風味と濃厚な甘味が大人気です。

チャンタブリー県は、生産能力向上と生産者の収入を促進するために、毎年4月20日から22日までバーン・サメットガームでマンゴー祭りも開催しています。

基本情報

名称 オクロンサメットガーム・マンゴー
名称(英) Okrong Samed Nhgam Mango
住所 チャンタブリー県
アクセス バンコクから東へ約245㎞、バンコク市内にあるエカマイバスターミナルからバスで約4時間半
地図Googleマップで確認する

キーワード

マンゴー オクロンサメットガームマンゴー オクロン オクロンサメット バーンサメットガーム