• 2022/07/01
    【大阪事務所】業務時間等変更のお知らせ
  • 2022/07/01
    【特集記事】タイの食文化について 〜中央部編〜
  • 2022/07/01
    【テレビ】7月3日放送サンバリュ『霜降り風磨のワクワクメディア』
  • 2022/06/30
    【特集記事】タイの食文化について 〜南部編〜
  • 2022/06/30
    【インタビュー】お祭り系アイドルFES☆TIVE
  • 2022/06/29
    【映画】『プアン/友だちと呼ばせて』8/5より全国順次ロードショー 

ワット・ピーチャイソンクラム

Pichaisongkram Temple
ワット・ピーチャイソンクラム
  • ワット・ピーチャイソンクラム
  • ワット・ピーチャイソンクラム
  • ワット・ピーチャイソンクラム
  • ワット・ピーチャイソンクラム
  • ワット・ピーチャイソンクラム
  • ワット・ピーチャイソンクラム

アユタヤ王朝末期の1710年に建立されたとされる、由緒あるサムットプラカーン市内の寺院。サムットプラカーンはチャオプラヤー川の河口があり軍事の要衝だったため、以前はこの境内の四方に砦が4つ設けられていたそうです。船底のかたちをしている本堂は、アユタヤ時代によく見られる建築様式。また、通常は本堂の正面が東向きになるよう建てられますが、ここでは西側のチャオプラヤー川に面しています。

基本情報

名称 ワット・ピーチャイソンクラム
名称(英) Pichaisongkram Temple
料金 無料
住所 906 Pakkhonchai Rd, Tambon Pak Nam, Amphur Muang, Samutprakarn
アクセス チャトチャック市場から冷房バス145号で終点のサムットプラカーン市内まで行き、そこから徒歩すぐ
地図Googleマップで確認する
キーワード
ワットピーチャイソンクラム, ワットピーチャイソンクラーム

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画