ラビェーン・タレー

Rabieng Ta-le
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

バンコク中心部から南へ車でおよそ1時間、サムットプラカーン県にある「ラビェーン・タレー」は、1998年に創業して以来、新鮮な魚介類を使ったメニューが人気のレストランです。店名は、タイ湾に面して建っているため「海辺のテラス」という意味。おいしさのヒミツは、タイ湾東部の素材へのこだわりで、まさにタイの海の恵みを実感できます。おすすめメニューは、2009年タイ中小企業支援機構のタイ料理コンテストで1位を獲得したカニ入りソムタム、「ソムタム・タレー・プーマーソッド」[ส้มตำทะเลปูม้าสด]。しゃきっとした歯ごたえと爽やかな香りの青いパパイヤの千切りに、新鮮なカニの甘み、ドレッシングの甘すっぱさとピリッと辛さがなんともいえません。パパイヤはタイでいちばんおいしいとされるラシャブリー県のものを厳選。注文を受けてからひとつずつ包丁で切るのは、旨みを壊さないためのこだわりからだそうです。白いテラスで海を染める夕日を眺めながら食事を……と訪れる人も多いそうです。

基本情報

名称 ラビェーン・タレー
名称(英) Rabieng Ta-le
URL http://www.rabiengta-le.com/rabiengta-le/
営業時間 11:00-23:00
料金 カニ入りソムタム80バーツ、シーフードは材料の重さで値段が決まります
住所 Soi Tesabal Bangpu 104, Sukhumvit Rd., Muang Samutprakarn
アクセス チャトチャック市場から冷房バス145番で終点のサムットプラカーンまで、そこからタクシーで約15分
電話 02-710-7278
地図Googleマップで確認する

特集:とっておきのタイ情報

4泊6日のモデルコース紹介パタヤ&サメット島で楽しむラグジュアリーな旅〜後編〜
4泊6日のモデルコース紹介パタヤ&サメット島で楽しむラグジュアリーな旅〜前編〜
タイを代表するクリエイターにインタビュー vol.2世界が注目するタイブランド「DISAYA」デザイナー、ディサヤ氏
人気店のオーナーに聞く!タイの郷土料理 vol.3味付けがマイルドな「タイ北部料理」

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す

3