シーテープ歴史公園

Sithep Historical Park
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

現在のペッチャブーン県にあたる地で、スコータイ王朝が勃興する13世紀以前に建設されたと考えられている古代都市。その遺跡を保存するために整備された総面積約4.7平方キロメートルの歴史公園は、堀に囲まれた直径約1.5キロメートルの丸い都市、その東側に隣接するやや大きな四角い都市と、ふたつのエリアから成り、いずれも周囲を堀で固めた都市づくりから、そして敷地内に発掘・保存されているカオ・クラン・ナイと呼ばれる仏教寺院遺跡などからも、ドヴァーラヴァディー王朝の古代都市と推測されています。またその他にも広大な敷地内にはプラーン・ソーン・ピーノーン(兄弟の塔堂)や中央にそびえるプラーン・シーテープ(シーテープ塔堂)など、後にクメール王朝時代に建立されたものをはじめ、数多くの遺跡群が発見・保存されているほか、西へ約20キロメートルのところにある洞窟内にも、同時代に描かれたと思われる仏像の絵も発見されています。公園入口にある資料センターには発掘品の展示もされており、ドヴァーラヴァディー王朝など古代のタイを知る歴史史料として、たいへん価値の高い公園です。

基本情報

名称 シーテープ歴史公園
名称(英) Sithep Historical Park
営業時間 8時半から16時半まで/定休日なし
料金 入園料100バーツ
住所 Si Thep, Phetchabun 67170
アクセス バンコクの北バスターミナルよりペッチャブーン行きのバスにて、シーテープ市場で下車。歴史公園へはソンテウが往来。
電話 056-556-555, 056-799-466

この記事のタグ