ワット・チャーンローム

Wat Chang Lom
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

シーサッチャナーライ歴史公園の城壁内のほぼ真ん中あたりに位置し、遺跡群を代表する寺院のひとつ。正方形の土台の上に建つ丸いスリランカ方式の仏塔の4方面に、合わせて39頭の象の彫刻が飾られています。とくにそれぞれの角に配された4体の象は高さ240センチもあり、飾りものにもかなり手の込んだ彫刻の跡が残っています。象は仏教思想でも宇宙の4方面を支えるなど、タイでは縁起のよい動物です。また、ラームカムヘーン王碑文によると、大王はここに埋まった仏舎利を掘り出し、盛大な祝賀儀式を行ったうえで、奉納する仏塔を建立したとも伝えられています。境内には、大小の礼拝堂があり、おすすめの寺院のひとつです。

基本情報

名称 ワット・チャーンローム
名称(英) Wat Chang Lom
営業時間 8時から17時まで
料金 入場料40バーツ(30日有効でスコータイ歴史公園内、ワット・シーチュム、ワット・サパーンヒン、ワット・ソラサック、ラームカムヘーン国立博物館、シーサッチャナーライ歴史公園、サワンウォラナヨック博物館を見学できる150バーツのパスがおすすめ)
住所 Muangkao, Si Satchanalai, Sukhothai 64130
アクセス スコータイ市内から車で約1時間。市内の市場から路線バスが出ています
電話 055-679-211
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ