ワット・ナンターラーム

Wat Nantaram
この記事のタグ
photo

パヤオ県チェンカム地方に多く住むタイヤイ(ビルマ)族の人々にとって拠りどころとなる寺院。創建の時期は定かではないが、「ヤーカー」(チガヤ)と呼ばれる茅の一種で葺かれた屋根、チーク材を生かした木造かつ細かい施しがなされているビルマ様式の本堂は、1925年の建立とされています。現在の本堂に祀られている幅13・高さ0.5メートルのご本尊は、金箔が施されたチーク材の坐像で、こちらもビルマ様式のもの。また、本堂の西には指定文化財のチェンセーン王朝の仏像が安置されている礼拝堂や八角形の仏塔(チェディ)など、ビルマ様式の仏教建築が数多くあります。

基本情報

名称 ワット・ナンターラーム
名称(英) Wat Nantaram
住所 Yuan, Chiang Kham, Phayao 56110
アクセス 国道1148号線沿い

関連記事

関連記事はありません

この記事のタグ