ワット・プラ・シー・ラタナー・マハータート

Wat Phra Si Rattana Mahathat
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

シーサッチャナーライ歴史公園入り口から約2キロ、チャリエン市内にある寺院。ヨム川がカーブを描いた位置に建てられたため、境内3方面は川に囲まれています。クメール王朝バイヨン様式の四面仏が上に乗った門から、この寺院の始まりはスコータイ時代以前に遡ると考えられますが、一方、真ん中のプラーン(塔堂)はアユタヤ時代に改築された形跡が認められます。また現在も僧侶が居住する本堂があり、塔堂の隣には大きな遊行像、裏には立像のアッタロット仏それぞれが祀られ、地元の参拝者で賑わっています。遺跡自体はかなり大規模で、ゆっくり見るには1時間くらいが目安です。

基本情報

名称 ワット・プラ・シー・ラタナー・マハータート
名称(英) Wat Phra Si Rattana Mahathat
料金 入場料20バーツ
住所 Si Satchanalai, Sukhothai
アクセス シーサッチャナーライ歴史公園の中心から車で約15分

この記事のタグ