ワット・サパーンヒン

Wat Sapan Hin
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

歴史公園の城壁の西、高さ約200mの小高い丘陵に建つ寺院。本堂の跡には、高さ12.50メートルの「アッタロッド大仏」が祀られており、そこへ向かうには300メートルの石畳の道を登らなくてはなりません(寺院名の「サパーンヒン」は、「石の橋」という意味)。スコータイ王朝はスリランカから上座部仏教を伝授されていた関係で、立仏像とそれをおさめる本堂の建設が盛んだったようです。ワット・サパーンヒンもその典型的な寺院のひとつ。スコータイ王朝の石碑には「ラームカムヘーン大王は象に乗って度々この寺院へお参りしていた」と刻まれています。丘の頂上からみるスコータイの景色はなかなか雄大です。

基本情報

名称 ワット・サパーンヒン
名称(英) Wat Sapan Hin
営業時間 6時半から18時まで
住所 Muang Kao, Sukhothai
アクセス 歴史公園の城壁の西
地図Googleマップで確認する

キーワード

特集:とっておきのタイ情報

地域社会の強化によりタイの文化や伝統の保存を促進します【CBT】コミュニティベースド・ツーリズム
サムイ・プラスに関する情報サムイ・プラス・サンドボックスについて
プーケット・サンドボックスに関する情報プーケット・サンドボックスについて
一度は訪れてみたい観光名所やタイの伝統文化に触れられる注目のタイドラマタイドラマ『Love Beyond Frontier』ロケ地紹介

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す