ワット・ソラサック

Wat Sorasak
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

スコータイ歴史公園内の東側にある小規模の遺跡。鐘型の仏塔の土台の周囲に24頭の象の彫刻が飾られていることから、別名ワット・チャーンロームとも呼ばれます。境内に発見された1412年の碑文によると、この寺院はインタラソラサックという人物が、後にタンマラーチャー3世(在位1400–1419)となる王子から土地を寄贈されつくったものとされています。象は大王の乗り物との考え方があったため、仏塔の周囲に24頭の象を飾ったとか。1416年に仏塔、本堂、礼拝堂が完成したときには、王族らが祝賀のために訪れ、近くにあった宮殿で宿泊施設したとの記述もありました。また、当時この寺院の北側で、ワット・ソンカオとワット・ムンムアンと呼ばれる寺院も同時に建立したそうですが、現在は礼拝堂の土台と小さな仏塔の跡しか残っていません。

基本情報

名称 ワット・ソラサック
名称(英) Wat Sorasak
営業時間 6時から21時まで(ただし入場券の販売は18時まで)
料金 30バーツ(30日有効でスコータイ歴史公園内、ワット・シーチュム、ワット・サパーンヒン、ラームカムヘーン国立博物館、シーサッチャナライ歴史公園、サワンウォラナヨック博物館を見学できる150バーツのパスがおすすめ)
住所 Muangkao, Amphur Muang, Sukhothai 64210
アクセス スコータイ市内プラルアン橋近くに15分おきにソンテウが出ています
電話 歴史公園インフォメーションセンター Tel:055-697-310

この記事のタグ