• 2022/06/30
    【特集記事】タイの食文化について 〜南部編〜
  • 2022/06/30
    【インタビュー】お祭り系アイドルFES☆TIVE
  • 2022/06/29
    【映画】『プアン/友だちと呼ばせて』8/5より全国順次ロードショー 
  • 2022/06/27
    【写真で見る】第10回 タイフェスティバル in 仙台 2022
  • 2022/06/27
    【タイ】バンコクが「デジタルノマドに最適な世界の都市ベスト80」で第2位に選出
  • 2022/06/24
    【ホテル】センターラグループ “Book Now, Then Travel” キャンペーン 12月20日までの特別オファー

ワット・シーチュム

Wat Sri Chum
ワット・シーチュム
  • ワット・シーチュム
  • ワット・シーチュム
  • ワット・シーチュム
  • ワット・シーチュム

歴史公園の城壁の西北に位置する寺院。スコータイを象徴する「アチャナ仏」が祀られています。高さ15m、幅11.30mの大仏「アチャナ」は、「動かぬもの、変わらぬもの」という意味のパーリー語で、今も変わらず穏やかな表情でスコータイの町を見守っています。

迫力ある大仏を安置する礼拝堂や横の本堂などは、後のラムカムヘーン大王(1239–1317)の時代に建立されました。また、菩提樹の森にあったため、「ワット・シーチュム」との名がついた「シー」は、「サリー」というスコータイの言葉からきていて、菩提樹を意味します。厚さが3mもある礼拝堂の左の壁には、大仏の裏と屋根があった部分につながるトンネルがあり、そこには釈迦にまつわる壁画が50点ほど描かれています。かつてトンネル内に入って大仏の声を真似た人がいたため、それ以来「しゃべる大仏の寺院」とも呼ばれたりもしましたが、現在トンネルは立ち入り禁止です。

基本情報

名称 ワット・シーチュム
名称(英) Wat Sri Chum
営業時間 08:30~17:00まで
料金 入場料30バーツ(スコータイ歴史公園、シーサチャナーライ歴史公園およびサワンカローク博物館を30日有効のフリーパス(150バーツ)もあり)
住所 Muang Kao, Sukhothai
アクセス 歴史公園の城壁の西北
地図Googleマップで確認する
キーワード
ワットシーチュム シーチュム

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画