ワット・シー・チュム

Wat Sri Chum
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

歴史公園の城壁の西北に位置する寺院。スコータイを象徴する「アチャナ仏」が祀られています。高さ15メートル、幅11.30メートルの大仏「アチャナ」は、「動かぬもの、変わらぬもの」という意味のバリ語で、まさにいまも変わらず、このスコータイの町を見守っています。大仏を安置する礼拝堂や横の本堂などは、後のラーマカムヘーン大王(1239–1317)の時代に建立されたものです。また菩提樹の森にあったため、「ワット・シー・チュム」との名がついた「シー」は、「サリー」というスコータイの言葉からきていて、菩提樹を意味します。厚さが3メートルもある礼拝堂の左の壁には、大仏の裏と屋根があった部分につながるトンネルがあり、そこには釈迦にまつわる壁画が50点ほど描かれています。かつてトンネル内に入って大仏の声を真似た人がいて、以来「しゃべる大仏の寺院」とも呼ばれたりもしましたが、現在トンネルは立ち入り禁止です。

基本情報

名称 ワット・シー・チュム
名称(英) Wat Sri Chum
営業時間 8時半から17時まで
料金 入場料30バーツ(スコータイ歴史公園、シーサチャナライ歴史公園およびサワンカローク博物館を30日有効のフリーパス(150バーツ)もあり)
住所 Muang Kao, Sukhothai
アクセス 歴史公園の城壁の西北

この記事のタグ