ワット・ワンカム

Wat Wang Kham
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ワット・ワンカムは、カラシン県カオウォン郡にあるラーンサーン(ラーンチャーン)の建築様式が美しい寺院。

1996年に建立された当初は小さなサーラー(休憩所)や修行者のための施設しかありませんでしたが、少しずつ敷地が拡大され、現在の本堂も建てられました。

本堂は、ラオス北部に位置する世界遺産の古都ルアンパバーンにある、ラーンサーン王朝時代に建立された寺院、ワット・シェントーンに影響を受けた地面近くまで伸びる幾層にも重なる屋根が特徴的です。

なお、女性は本堂内部に立ち入ることができません。

基本情報

名称 ワット・ワンカム
名称(英) Wat Wang Kham
URL https://kalasin.mots.go.th/news_view.php?nid=340
住所 Song Plueai, Khao Wong District, Kalasin 46160 Thailand
アクセス カラシン市内中心部から車で約1時間半。
地図Googleマップで確認する

キーワード