ワット・プラ・ラーム

Wat Phra Ram
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

1369年、ラメスワン王(1369~1370/1388~1395年)によって建立されたとされるアユタヤ王朝初期の寺院。ここはラメスワン王の父で初代のウートーン王の葬儀が営まれた場所と言われています。また初代王の命によって掘られたとされる池は「ブン・プラ・ラーム」池と呼ばれ、現在アユタヤ市民の憩いの公園として整備されています。境内には、トウモロコシ型の塔堂を中央に、本堂そして7つの礼拝堂の跡が残っています。入場は19時半から21時まではライトアップされています。

基本情報

名称 ワット・プラ・ラーム
名称(英) Wat Phra Ram
営業時間 8時半から18時、ライトアップは19時から21時
料金 拝観料50バーツ
住所 Amphur Muang, Ayutthaya 13000
アクセス 市内からトゥクトゥクで数分

この記事のタグ