ワット・プラ・ラーム

Wat Phra Ram
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

1369年、ラメスワン王(1369~1370/1388~1395年)によって建立されたとされるアユタヤ王朝初期の寺院。ここはラメスワン王の父で初代のウートーン王の葬儀が営まれた場所と言われています。また初代王の命によって掘られたとされる池は「ブン・プラ・ラーム」池と呼ばれ、現在アユタヤ市民の憩いの公園として整備されています。境内には、トウモロコシ型の塔堂を中央に、本堂そして7つの礼拝堂の跡が残っています。入場は19時半から21時まではライトアップされています。

基本情報

名称 ワット・プラ・ラーム
名称(英) Wat Phra Ram
営業時間 8時半から18時、ライトアップは19時から21時
料金 拝観料50バーツ
住所 Amphur Muang, Ayutthaya 13000
アクセス 市内からトゥクトゥクで数分
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ

特集:とっておきのタイ情報

4泊6日のモデルコース紹介パタヤ&サメット島で楽しむラグジュアリーな旅〜前編〜
タイを代表するクリエイターにインタビュー vol.2世界が注目するタイブランド「DISAYA」デザイナー、ディサヤ氏
人気店のオーナーに聞く!タイの郷土料理 vol.3味付けがマイルドな「タイ北部料理」
ラグジュアリーなリゾートステイ、ビーチアクティビティ、内陸部の秘境巡りを存分に楽しむ写真好きな女子のためのモデルプラン~秘境リゾートクラビ+~

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す