• 2022/05/26
    【クラウドファンディング】象と人が共存できる新たな観光の形をスリン県に!
  • 2022/05/25
    【オーガニックハーブブランド】「アバイブーベ・ジャパン」のご紹介
  • 2022/05/24
    【グルメ】『アジアのベストレストラン50』南部料理「ソーン」がアジア第2位の称号を獲得
  • 2022/05/24
    【マラソン】スーパースポーツ 「ラグーナ・プーケット国際マラソン」開催! プーケットまたは日本に居ながらでも参加可能
  • 2022/05/23
    【タオ島】6/7&8開催 「Spotlight Koh Tao@World Ocean Day 2022」
  • 2022/05/23
    【WEB】トラベル Watch「タイ国政府観光庁主催 視察ツアー」チェンマイ編

ワット・マヘーヨン

Wat Mahaeyong
ワット・マヘーヨン
  • ワット・マヘーヨン
  • ワット・マヘーヨン
  • ワット・マヘーヨン
  • ワット・マヘーヨン
  • ワット・マヘーヨン
  • ワット・マヘーヨン
  • ワット・マヘーヨン

1438年、チャオサムプラヤー王(1424~1448年)によって建立されたとされる寺院。鐘形の塔や、80体の象が基壇を囲むチェディ・チャーン・ローム(仏塔)など、スコータイやシーサッチャナーライにも広く見られるスリランカ様式が取り入れられています。
ターイサ王が3年間かけて大規模な修復を終了させた1713年には、建設工事の視察ができるようにと近くに宮殿も建てられました。比較的きれいな形で残っている長方形の境内の東側の正面入り口からレンガ塀に囲われた通路を行くと、布薩堂(ふさつどう:境界石に囲まれ、僧侶が修行するお堂)に出ます。布薩堂には、ご本尊が祀られた跡が残っていて、その先にチェディ・チャーン・ロームがあります。象は、仏教の教えとつながりが深い動物ですが、ターイサ王は象狩りを愛好していて、ある年は30頭の象を乗せた船を建造して、インドへ象を輸出したと伝えられています。

基本情報

名称 ワット・マヘーヨン
名称(英) Wat Mahaeyong
URL http://www.mahaeyong.org/Site/Movie_2.html
料金 拝観料 50バーツ
住所 Tambon Hantra, Amphur Pra Nakorn Sri Ayutthaya, Ayutthaya 13000
アクセス 市内からトゥクトゥクで約15分
電話 035-881-602~3
地図Googleマップで確認する
キーワード
ワット・マヘーヨン ワットマヘーヨン マヘーヨン マヘヨン

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画