ワット・プラ・シーサンペット

Wat Pra Srisanpet
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

アユタヤ王宮内にあった最も重要な寺院で、バンコク王朝におけるエメラルド寺院のような存在。トライローカナート王時代の1448年に建立され、以降はここで宮中儀式が執り行われてきました。寺院のシンボルは、東西に並ぶ3基の仏塔で、それぞれにトライローカナート王(1448~1488年)とその王子らの遺骨が納められていたと言われています。仏塔の東側に本堂が後に建立され、高さ16メートル重さ171キロの、純金に覆われた立仏像が置かれていました。この仏像が寺院名にもなった「プラ・シーサンペット」といいます。1767年のビルマ軍による第2次アユタヤ侵攻で寺院そして仏像は悉く破壊されましたが、戦後になって修復され、現在の姿となりました。

基本情報

名称 ワット・プラ・シーサンペット
名称(英) Wat Pra Srisanpet
営業時間 7時から18時、ライトアップは19時から21時
料金 拝観料50バーツ
住所 Amphur Muang, Ayutthaya 13000
アクセス 市内からトゥクトゥクで数分
地図Googleマップで確認する