• 2022/05/26
    【クラウドファンディング】象と人が共存できる新たな観光の形をスリン県に!
  • 2022/05/25
    【オーガニックハーブブランド】「アバイブーベ・ジャパン」のご紹介
  • 2022/05/24
    【グルメ】『アジアのベストレストラン50』南部料理「ソーン」がアジア第2位の称号を獲得
  • 2022/05/24
    【マラソン】スーパースポーツ 「ラグーナ・プーケット国際マラソン」開催! プーケットまたは日本に居ながらでも参加可能
  • 2022/05/23
    【タオ島】6/7&8開催 「Spotlight Koh Tao@World Ocean Day 2022」
  • 2022/05/23
    【WEB】トラベル Watch「タイ国政府観光庁主催 視察ツアー」チェンマイ編

ワット・マハタート(アユタヤ)

Wat Mahathat
ワット・マハタート(アユタヤ)
  • ワット・マハタート(アユタヤ)
  • ワット・マハタート(アユタヤ)
  • ワット・マハタート(アユタヤ)
  • ワット・マハタート(アユタヤ)
  • ワット・マハタート(アユタヤ)
  • ワット・マハタート(アユタヤ)
  • ワット・マハタート(アユタヤ)

1369年~70年の2代ラーメスアン王が建てたという説と、1370~88年の3代ボロム・ラーチャティラート1世が建てたという説がある13世紀の重要な寺院の一つです。

かつては、塔の頂上が黄金に輝いていたこの寺院もビルマ軍の侵略により廃墟と化し、今は木の根の間に埋め込まれた仏像の頭や、頭部がない仏像、崩れ落ちたレンガの壁や礼拝堂の土台が残るのみとなっています。1956年の修復の際、塔の跡から数々の黄金仏や宝飾品などが発見され、これらは現在、チャオサムプラヤー国立博物館に展示されています。

基本情報

名称 ワット・マハタート(アユタヤ)
名称(英) Wat Mahathat
営業時間 08:00〜18:00
料金 50バーツ
住所 Tha Wasukri Phra Nakhon Si Ayutthaya
電話 タイ国政観光庁(TAT) アユタヤ事務所:035-246-076~7
地図Googleマップで確認する
キーワード
ワットマハタート ワット・マハタート

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画