家族みんなで一生の思い出を作ろう!

思い出に残る、タイで卒業記念家族旅行~バンコク&近郊編~

photo

卒業という節目を記念して家族で旅行をする「卒業記念家族旅行」という新たな旅のカタチ。「思い出に残る、タイで卒業記念家族旅行~家族みんなで一生の思い出を作ろう!~」の記事では、タイを家族卒業記念家族旅行の行き先としておすすめする理由をご紹介しました。

Vol.2「思い出に残る、タイで卒業記念家族旅行~バンコク&近郊編~」からは、タイ国内のエリアごとに、家族で楽しめるおすすめ観光スポットをご紹介していきます!

バンコクがおすすめの理由

卒業記念家族旅行にバンコクをおすすめする理由は大きく分けて5つあります。

Ⅰ. 日本から直行便で楽に行ける


日本からバンコクまでは、国内の計8空港からスワンナプーム国際空港もしくはドンムアン空港までの直行便を運航中。約6時間でバンコクまで行けます!詳細は「思い出に残る、タイで卒業記念家族旅行~家族みんなで一生の思い出を作ろう!~」の記事をcheck!

Ⅱ. 交通機関が発展していて移動が便利

バンコク市内の交通手段は主に地下鉄・高架鉄道の「MRT」や高架鉄道の「BTS」、タクシーが便利です。また、スワンナプーム国際空港からはバンコクの中心地までを約30分で結ぶエアポート・レール・リンク(ARL)が出ています。行き先、時間帯に応じて最適な交通手段をご利用いただけます。家族みんなでタイお馴染みの「トゥクトゥク」や「ボート」に乗り、タイの日常風景を垣間見るのも◎!

Ⅲ. 家族で楽しめるアクティビティが多い

例えば、家族で一緒にタイの国技「ムエタイ」を体験してみませんか。みんな初めてのムエタイ体験で、盛り上がること間違いなし!男性のイメージが強いムエタイですが、女性も気軽に参加できるムエタイエクササイズやムエタイの歴史をエンターテイメントで鑑賞できるムエタイショーもあるため、男女問わず楽しむことができます。他にも、バンコクには「タイ料理教室」や「スパ&マッサージ」など、家族皆で体験できるアクティビティが豊富です。詳細はこの記事の後半でご紹介します!

Ⅳ. ショッピングスポットが満載

バンコクのローカルなマーケットや大型ショッピングモールでは家族全員の欲しいものが必ず見つかるはず。自分へのご褒美として免税店でブランドものを買うのも良し、タイにしかない現地オリジナルの商品を買うのも良し。友達との買い物も楽しいけれど、やっぱり相談できる家族と一緒の買いものが一番安心ですよね。今観光客の間で人気のタイパンツを家族お揃いで買う、なんていうのも素敵です!

Ⅴ. 家族で楽しめるフォトジェニックなスポットが多い

バンコクには普段あまり写真を撮らないお父さん・お母さんも思わず写真を撮りたくなるようなスポットが沢山。息をのむほど美しい天井画のあるフォトジェニックな寺院や、バンコクの上空にあるスリル満点のスカイウォークなど、詳細はこの記事の後半でご紹介しています!

バンコクのおすすめスポット&アクティビティ

Ⅰ. 荘厳な仏教寺院を見る


バンコクには歴史ある寺院が沢山あります。ワット・ポーは、ワット・アルンワット・プラ・ケオと共に三大寺院と呼ばれています。涅槃仏(根釈迦像)足の裏には仏教の世界観を現した108の図が、美しい螺鈿細工によって描かれています。また、東洋医学に基づくタイマッ内サージの総本山になっているので、ワット・ポーのマッサージセンターでは実際に施術を受けることができます。施術は数十分から可能で、気軽に入ることができますよ。

Ⅱ. ショッピングを楽しむ


大型ショッピングモールタイ77県の名産品やグルメが集められた室内の水上マーケット「スック・サイアム(SOOKSIAM)」がある「アイコンサイアム」や、地下に水族館「シーライフ・バンコク・オーシャンワールド」がある「サイアムパラゴン」、各国の空港のターミナルをテーマにした世界観が楽しい「ターミナル21」、タイ初のインターナショナル高級アウトレット「セントラル・ビレッジ」など気になる施設から探すのも◎。

また、ミランダ・カーやエマ・ワトソン、テイラー・スイフトなど、世界的に活躍する女性が身に纏うタイ発のファッションブランド「DISAYA(ディサヤ)」や、バッグやポーチなどの小物雑貨がお土産に大人気の「NaRaYa(ナラヤ)」など、欲しいブランドが入るお店から探すのも良いですね。シルクで有名な「ジムトンプソン」でお父さんにタイシルクのネクタイを選んであげるのも◎!

ローカルな市場週末限定で開催されるバンコク最大の市場、チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットでは、衣類、インテリア、ペット、骨董品、古本、中古品、ガーデンニング、食べ物など何でも揃います。日本には持ち帰れませんが、パーク・クローン花市場でお花を買って、ホテルに飾ったりお母さんにプレゼントしたりするのもあり!こういったローカルな体験で、家族との絆も深まりそうですね。

タイ限定のグッズを買う! DEAN&DELUCAのタイ限定ミニトートバッグには、よく見ると「BANGKOK」の文字が!この限定ロゴ入りバックはタイのDEAN&DELUCAでゲットできます。また、タイのスターバックスでは地名入りの可愛いマグの他、コーヒー好きのご両親におすすめしたい、タイ産のコーヒー豆がブレンドされたコーヒー豆も購入できます!

Ⅲ. フォトジェニックスポットで家族写真を撮る


マハナコーン・スカイウォークキングパワー・マハナコーンビルはタイで一番高い建物です。その最上階は314mの高さで、展望台の「マハナコーン・スカイウォーク」は床がガラス張りになっています。ガラスの床一面に映るバンコク市内はスリルや迫力が満点。勇気を出して、家族全員でガラスの上でポージング!

ワット・パークナムエメラルド色のガラスで造られ、仏塔を見守るように描かれた、天井いっぱいの仏伝図が迎えてくれます。この美しい絵は、まるで発光しているようにも見え、写真に撮るとさらに神秘的。息をのむような美しさの礼拝堂はきっと家族みんな心休まることでしょう。インスタグラムで人気上昇中のスポットです。

Ⅳ. バンコクのグルメを堪能する


リヴァ・アルン・バンコクワット・アルンを一望できるホテルの最上階にあるレストラン。チャオプラヤー川越しのワット・アルンを眺めながら食事を楽しむことができます。

マダム・ソムタムイーサン料理の「ソムタム」が有名なお店で、家族みんなで本場のタイ料理がどこまで辛いのか体験してみるのもおすすめです。マダム・ソムタムは、バンコク中心のオフィス街に位置する人気店。注文ごとにスタンドで手づくりする絶品ソムタムが定評です。

タイ料理教室

シーロム・タイ・クッキング・スクール食べるだけでは物足りない!というご家族に、タイ料理教室はいかがでしょうか。日本料理ではお父さん・お母さんに適わない・・・という方でも大丈夫。タイ食材やタイ料理の基本から本格的にタイ料理を学んで、家族で一番のタイ料理上手になりましょう。

おしゃれなカフェで一休み

ハーティエン・カフェ・バンコク観光で疲れたら、カフェで一休み。カフェでゆったりとした時間を過ごすと贅沢をしている気分になりますよね。バンコクには日本に負けないおしゃれな雰囲気で美味しいドリンク・スイーツが味わえるカフェが沢山あります。南国のフルーツをたっぷり使ったデザートや、タイ茶やタイ国産のコーヒーも!ぜひカフェでご賞味ください。写真はワット・ポー近くにある、ハーティエン・カフェ。

本場のタイフルーツを堪能する

食後のデザートに南国のフルーツはいかが?マンゴー、スイカ、パイナップル、マンゴスチン、パッションフルーツ、パパイヤ、ドリアン、ココナッツ、ライチ、ドラゴンフルーツなど、旬によって出回る品は変わりますがタイでは一年中美味しいフルーツが食べられます。旬のフルーツをたっぷり使ったパフェやジュースはもちろん、新鮮なフルーツをそのまま食べるのもまた美味しい!日本では高級フルーツとされているマンゴスチンもタイではお手頃価格で食べられます!

Ⅵ. 本場のスパ&マッサージを体験する


贅沢に癒される高級な一軒家スパから気軽に受けられる街中のマッサージ屋さんまで、バンコクには数多くのスパ&マッサージのお店があります。中には日本語が通じるお店や同室で施術してもらえるお店もあるので、家族皆で行って日頃の疲れを癒すのがおすすめです。タイ古式マッサージではゆっくり時間をかけて全身ののツボを押して筋肉をほぐし、コリを和らげます。

バンコクのホテル・宿泊施設


バンコクではご家族の好みや予算に合わせて、様々なホテルの中からお選びいただけます。

5つ星のラグジュアリーホテル

ルブア・アット・ステートタワー全室スイートルームのホテルで、すべてのお部屋は、バンコクとチャオプラヤー川の素晴らしい眺めを堪能できるよう設計されています。家族で2ベッドルームや3ベッドルームに泊まり、広い部屋で素晴らしい眺めを堪能してみてください。

アクセス良好・キッチンや洗濯機付きのホテル


センターポイントホテル・スクンビット10BTSアソーク駅とMRTスクンビット駅から徒歩約8分のナナエリアに位置する都会の中のオアシスのようなホテル。ターミナル21やベンチャキティ公園、バムルンラード病院などが近くにあります。お部屋にはフル設備のキッチンや洗濯機が付いています。

アリゼホテル・スクンビットBTSプロンポン駅から徒歩3分のアクセス良好のホテル。お部屋にはキッチンや洗濯機があるのでとても便利。2ベッドルームもあり、家族での滞在におすすめです。

バンコク近郊の街へ1Dayトリップ!

せっかくだから、足を延ばしてバンコクから日帰りで別のエリアへ!

Ⅰ. アユタヤ

世界に誇る世界遺産を有するタイで、世界遺産は外せないとお考えのご家族にはアユタヤがおすすめです。417年間アユタヤ王朝としてタイの中心であった都市アユタヤでは、トゥクトゥクを1時間300B~でチャーターして、ワット・マハタートやワット・ヤイ・チャイ・モンコンなど数多くの歴史ある寺院巡りがおすすめです。

行き方
バンコクからアユタヤへは国鉄フアランポーン駅から毎日約32本の列車が運行しています(所要1時間半~)。また、北バスターミナル(モーチット)前のミニバス・ステーション(チャトゥチャック)からアユタヤ行きのバンが運行しています(所要1時間半弱~)。

Ⅱ. サムットソンクラーム

バンコクから南西へ約72キロの所に位置するサムットソンクラームでは、伝統的な水上マーケット「アンパワー水上マーケット」や、線路の上で開かれる「メークローン市場」など日本では見ることのできないタイならではの街並みを見ることができます。散歩してみたい!古き良き時代のタイを感じたい!と思っているご家族におすすめです。

行き方
バンコクからアンパワー水上マーケットやメークローン市場へは、北バスターミナル(モーチット)前のミニバス・ステーション(チャトゥチャック)や旧南バスターミナルからバンが出ています(所要1時間半~)。メークローン市場へ列車で行く場合は、国鉄でウォンウィエンヤイ駅からマハーチャイ駅まで行き、マハーチャイ船着場から対岸に渡り、バーンレーム駅から再び列車でメークローン駅へ向かいます(所要2時間半~)。

Ⅲ. チャチューンサオ

バンコクの東に位置し、バーン・パコン川沿いに広がるチャチューンサオは水と土地が豊かな農産地で、マンゴーなどの果物も豊富に収穫されています。祈願成就までのスピードが大変速いご利益寺として、タイの人々の間で人気のあるチャチューンサオの寺院「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」へはバンコクから車で1時間半ほどの距離です。

行き方
バンで行く場合は、バンコクのBTSエカマイ駅そばにある東バスターミナルからチャチューンサオのバスターミナルまで約1時間半。そこからソンテウ(乗り合いタクシー)で約30分。

Ⅳ. パタヤ

バンコクから車で約2時間、スワンナプーム国際空港からは約1時間半で行ける、アジアを代表するビーチリゾート「パタヤ」。美しいビーチと多彩なマリンスポーツが年間を通じて楽しめ、ショッピングやアウトドア・アクティビティなどのエンターテイメントが揃う人気の観光スポットです。詳細は「思い出に残る、タイで卒業記念家族旅行~パタヤ編~」でご紹介します!

おすすめのツアー


JALPAKと阪南大学のコラボツアー。学生のための、学生が提案する「卒業記念家族旅行」ツアーを是非チェックしてみてください。1000名以上の学生へのアンケートの結果に基づき、プロの旅行会社とコラボして作った商品ですので、ご家族と一生の思い出を作れること間違いなしです。

まとめ

さて、バンコク編はいかがでしたでしょうか。卒業の記念に家族旅行をするなら、ぜひタイへお越しください!

※掲載情報は2020年2月現在の情報です。

特集:とっておきのタイ情報

女子旅におススメの最新スポットをご紹介次に旅するなら、プーケットでしょ!〜 アクティビティ&観光編〜
女子旅におススメの最新スポットをご紹介次に旅するなら、プーケットでしょ!〜 グルメ&ホテル編〜
タイ全国9県(計10箇所)に3Dバーチャルツアーでご案内します。バーチャル体験で楽しむ 9県10の魅力
女子旅におススメの最新スポットをご紹介次に旅するなら、チェンマイでしょ!〜 アクティビティ&観光編〜

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す